学びのプロセスを重視した防災教育の重要性-阪神淡路大震災[写真調べ学習]プロジェクトを事例として-

「調べ学習」における学習者は、災害を直接経験した人びと(今回の調べ学習で取材対象となった人びと)と、調べ学習の成果を伝える対象となっている人びととの間をつなぐ活動、すなわち、「語り継ぎ」の機能を担っているということもできる。今後は、こうした側面も重視し、さらに充実した「調べ学習」プログラムを企画していきたい。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
舩木 伸江 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№9 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)