携帯電話基地局情報を活用した交通流観測手法の日本での実施可能性に関する研究

欧米で実用化が進んでいる、携帯電話の基地局情報から交通流を観測するシステムの日本導入にあたっては、日本の法律と日本の携帯電話システムにあった技術の開発が必要となるが、それを実施する前提として携帯電話事業者だけではなく、携帯電話を使用している一般ユーザーからも理解を得ることが必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
八木 浩一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
インフラ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№6 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)