携帯電話を利用した被害情報収集システムに求められる要件と開発上の課題

携帯電話を用いた被害情報収集システムは、技術的には現段階でも実用可能なシステムである。残る課題は、時間の経過を加味した、同一の事象に関する複数の情報をいかに集約するかというシステム上の問題と、誰が情報収集や整理を行うか、どのような情報をどの
くらい収集するか、情報収集要員の心情など、情報の取り扱いという人間、社会の側の問題に帰結する。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
関谷 直也 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№6 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)