意思決定者の心理的要因を踏まえた耐震補強工事促進のための情報提供のあり方

ヴァルナラビリティが高すぎるあまり,耐震補強工事を恣意的に選択しない人々の存在が明らかになった,これは,「古い住宅にお金をかけるのはもったいない」などという心理的ためらいと見なすことができる.彼らに対しては,耐震補強工事は飽くまでも居住者の生命を守るための手段であり,経済的な投資効果を期待する類のものではないことを強調すべきであろう.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
廣井 悠 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
耐震化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№5 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)