意思決定者の心理的要因を踏まえた耐震補強工事促進のための情報提供のあり方

特定の属性を持つ意思決定者に顕著な認知的不協和なる心理的現象が,補強工事選択に負の影響を与えるという仮説が検証できた.彼らには「自分と同じ個人属性にある人が耐震補強を行った」などの様々なモデルケースを紹介し,耐震補強を現実的な対策だと認知させること,もしくは応急処置的なものであっても比較的安価な補強メニューを紹介することなど耐震補強が自分の手の届く対策であるという認知をさせるべきであると考える.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
廣井 悠 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
事業継続計画(BCP) 耐震化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№5 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)