民間企業の地震リスク認識と対策に関する調査・分析

町工場のような小規模の企業になればなるほど日常的な業務に忙殺され、何時来るとも知れない大地震の対策まで、手が回らない
のが実情と推察される。比較的進んでいる大企業と遅れている中小企業とのギャップは非常に大きく、このことが地震後の経済復興に影響を及ぼす可能性もある。特にこれらの企業に税制上の優遇措置を積極的に適用したり、企業間の相互協力など具体的で実行的な対策の検討が急務である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
廣井 脩 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
経済支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№3 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)