阪神・淡路大震災が産んだ我が国のGIS

GISの取組の発端となったリアルタイムな情報のやりとりにはまだ越えなければ行けない壁が多くあるのが現状です。その中で、内閣府、総務省、国土交通省等で防災情報の統合化・リアルタイム化の検討が昨今、急速に進みつつあることは非常に意義のあることと考えています。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
渡部  元 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№1 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報