東北地方太平洋沖地震発生当時の大阪湾圏域自治体の対応・支援状況と今後の津波対策の課題

広域大規模災害では,発災直後に人的・物的ともに莫大な量の投資が不可欠になることから,広域ネットワークを活かしてこれらの資源の確保に努めるとともに,人・モノ等の資源を確実に被災地に送り届けるロジックの構築も重要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
宇野 宏司 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
産業 災害対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.32, No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)