東日本大震災における震災復興計画の巨視的分析-岩手県・宮城県の沿岸市町村を対象にして-

被災者の生活再建においては,「すまい」「まち(まちづくり)」のほかに,「つながり」「そなえ」「くらしむき」「こころとからだ」「行政とのかかわり」といった要素も重要になる。東日本大震災の復興計画もこれらの要素が網羅的に含まれている。今後,長期にわたる復興への過程においては,「すまい」「まち」に関連する施策のみならず,これらに関連する施策にも被災者自身に関心の視野を広げてもらう必要があろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
災害伝承 生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.31 ,No.4 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)