東日本大震災における震災復興計画の巨視的分析-岩手県・宮城県の沿岸市町村を対象にして-

東日本大震災という超広域的かつ大規模な災害において効果的な復興を進める上で,各市町村のそれぞれが個別的に対応するのではなく,市町村界や県界を越えた協調的,整合的に対応に当たることが重要になろう。そのためには,各自治体が「東日本大震災からの復興」という共通の目標に向かって,各自治体における復興計画の多様な特色を尊重しながら相互の整合を図り,近隣の自治体において共通する計画部分を協調して進めていく必要があると考える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.31 ,No.4 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)