2011年の震災津波による二次災害で発生した岩手県大槌町の山林火災の現状

植生からみた震災火災の山林では,スギ林>マツ林>二次林の順で火災発生率が高いことが示唆された。特にスギ林においては,枝打ちが行われていない植林地帯で樹冠火が多く発生していたことから,今後の山林防火として注意が必要であろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小林 悟志 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
液状化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.31, No.2 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)