地震発生後の孤立地域にみられる対応課題の検討-新潟県中越地震発生後の小千谷市東山地域を事例に-

負傷者の搬送は住民の生命を確保するために,最優先で取り組まれるべき課題である。情報のない中でもいかに早く甚大な被害をうけた地区を把握するかが重要になるとともに,その中で負傷した住民をすばやく選定し,最優先に医療対応を行えるようにすることが第一に求められることである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
照本 清峰 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
消防 災害医療 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.31, No.1 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)