東日本大地震による津波災害現地調査報告~多賀城市-塩竃市-七ヶ浜町-松島町-東松島市~

被害は甚大で被災地は広範囲であるとともに,被害の様態も津波による家屋被害,道路洗堀・陥没,橋脚落下,浮桟橋の漂流,河川堤防の決壊など多岐にわたるため長期の調査が必要である。津波高の分布を把握した後には,地域の特性による被害状況の相違と,かろうじて残った建屋の特性解明が今後重要になると思われる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
米山 望 
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.30, No.1 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL