防災教育の現状と展望 -阪神・淡路大震災から15年を経て-

資格化や専門化のトレンドは,本来一連なりのものの中間に,さして重要とも思えない壁をあえて作ろうとする作業にも似ている。この連続性,一体性を(再)可視化し,お互いが,「私たちもあちらに行ける」,あるいは,「私たちはあそこから来たんだ」と実感することが,一般の人びとの防災教育にとっても,防災領域の研究分野の安定的継続にとっても重要なのである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
矢守 克也 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.29 ,No.3 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)