防災教育の現状と展望 -阪神・淡路大震災から15年を経て-

津波防波堤,堤防,ダム,耐震性を向上させた建造物,台風観測システムなど,理工系の研究の産物については,その「失敗」時(その限界が露呈し被害が発生したケース)(だけ)ではなく,むしろその「成功」時(被害を軽減もしくは完全に抑止したケース)こそ,社会的関心を向け防災教育上の光も当てるべきであろう。すなわち,「成功」の詳細について,技術開発的な側面,経済投資的な側面,政治判断的な側面など,さまざまな側面から可視化を試み,その成果を防災教育に生かすことが必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
矢守 克也 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.29 ,No.3 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)