実被災者地域住民における地域防災活動継続意図の規定因

1)防災活動を継続させる要因のひとつとして,住民の「地域のみんなと何かをすることで,自分の生活の豊かさを求めたい」という意識
が挙げられる。2)上記1)の結果を反映する住民の多くは地域行事である「祭り」に毎年参加する傾向があることが明らかになった。
これらのことから,地域防災活動を地域住民が自ら継続させるには,「祭り」と同様の性質のような地域の大人が子どもに伝えるという形式をもった防災教育を提供していくことが重要であり,大学等専門機関-小学校(地区)-地域住民の連携を意識した防災教育の実施手法の提供が今後の重要課題である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松本美紀 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
地域防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.27, No.3 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL