大規模災害時における遺体の処置・埋火葬に関する研究

災害時において,遺体の対応をするよう取り決められているのは,福祉関連の部署が多く,災害時要援護者の安否確認といった緊急を要する業務が重なっていることが多い。業務に対して人的資源の配分を考慮する必要があり,さらには,遺体の処置・埋火葬担当となっている部署が対応すべき業務をマニュアル化しておくことで,混乱防止と共により早い対応が可能となろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
舩木 伸江 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
木造住宅 安否確認 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
自然災害科学 
掲載巻ページ:
Vol.24, No.4 
出版者:
自然災害学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 自然災害科学
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)