東日本大震災後の外国人退避の意思決定と災害情報収集過程の関係

外国人が重要であると考える情報を適切に提供することで,多くの外国人が個人で状況判断をできる状況になれば,国外に在住する家族や親戚からの要望よりも,自分で退避の意思決定をする割合が増加する可能性も考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
ヘンリー マイケル 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№18 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)