広域・大規模災害におけるヘリコプターの有効活用-阪神・淡路大震災以降で残された課題の解消-

首都直下地震も危惧されており,地震発生により多数のヘリコプターが被災地域に派遣される計画が既に策定されているが,実際の運用面において,東日本大震災におけるヘリコプターの運航実績等をもとに明らかにする必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中地 弘幸 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災ヘリコプター 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№18 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)