広域・大規模災害におけるヘリコプターの有効活用-阪神・淡路大震災以降で残された課題の解消-

この度の東日本大震災と阪神・淡路大震災では,被災地域の規模や被災区域内の地方自治体の数が大きく異なっており,阪神・淡路大震災の教訓やヘリコプターの運用状況等の実績評価だけでは解決できない課題があると考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中地 弘幸 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№18 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)