阪神・淡路大震災における神戸市水道の復興計画―その効果と影響の17年後の検証―

神戸市が17年間進めてきた耐震化施策について,耐震化は管路の更新と大容量送水管の総合的な効果が復旧日数を短縮することが明らかとなった.今後,このような個別の検証を積み上げ,耐震化を数値的に総合評価する方法を模索する必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松下 眞 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
耐震化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№18 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集