航空写真を用いた東日本大震災の浦安市における液状化被害分析

下水道管路被害率と戸建て住宅傾斜被害率の関係についても検討を行ったところ,これらの被害データ間で高い相関を有していることがわかった.この回帰直線の切片の値から考えて,住宅傾斜被害の方が下水道管路被害よりも低い液状化レベルから発生する傾向にあることが示された.ただし,下水道管路被害については,本復旧が未だ行われておらず,被害の詳細について明らかになっていないことを考えれば,この結果は暫定的なものであるといえよう.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
戸井田 亮祐 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
ライフライン 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№18 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)