航空写真を用いた東日本大震災の浦安市における液状化被害分析

地表に現れた液状化現象(液状化データ)から液状化による埋設管や戸建て住宅の被害(被害データ)の推定を行うことを目的として,浦安市埋立地においてこれらの関係について検討を行った.その結果,液状化データと戸建て住宅傾斜被害率の間に良い相関関係が見られた.このことから,戸建て住宅の傾斜被害は,液状化面積率や平均地盤相対沈下量の地表に現れた液状化現象の程度から推定することができると考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
戸井田 亮祐 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
液状化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№18 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)