東日本大震災における津波火災の調査概要

屋外タンクなど危険物施設の津波対策が挙げられる.気仙沼における実例のように,出火源が何であれ,屋外タンクが流出して海上で火災が発生し,燃えた瓦礫が移動することで広域的な被害を及ぼす可能性もあり,津波被災エリア以外や津波避難ビル等の危険性も増大する.それゆえ,タンクのかさ上げや地中化,再配置など屋外タンクの内容物を津波で流出させない対策が求められる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
廣井 悠 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災施設 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№18 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)