津波ハザードマップの理解と避難行動意図に関する研究―茨城県神栖市を対象として―

個人属性についてみると,理解程度については高齢層・若年層が低く,手引きを読んだ程度については若年層になるほど,低くなるという傾向を見ることが出来た.また,家族内に要援護者がいる人は,避難意図が低くなる傾向も見られ,世帯の特性の違いによって,津波避難に関する課題に差が生じる部分がないとは言えず,個人の課題を解消できるよう津波ハザードマップを工夫する必要があると考えられる

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
伊能 沙知 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
木造住宅 ハザードマップ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)