東日本大震災後の各国政府の勧告と在住外国人の行動との関係

本研究の今後の課題として,多変量解析などを用いて,複数の要因の中での政府の勧告や個人属性の影響の大きさを総合的に定量評価する必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川崎 昭如 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)