東日本大震災後の各国政府の勧告と在住外国人の行動との関係

本稿では,東日本大震災後の在京大使館の一時閉鎖と移転,諸外国・地域が自国民へ出した勧告などの,東日本大震災時の外国人問題に関するこれまで散在していた情報を包括的に整理した.そして,これまで実施されていなかった,諸外国・地域が出した勧告が在住外国人に実際に与えた影響に対するクロス集計による基礎的な分析結果を示した.これらの点で,大量の外国人が国内外で退避を実施したという,東日本大震災後にみられた現象を理解するための一次資料を提示したと言える

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川崎 昭如 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)