災害時自治体間援助の全国的実態とその特徴-東日本大震災を対象に-

大規模な震災を経験した市では,主に復旧・復興活動に関して多数・長期の派遣が実施されていることが明らかとなり,過去のノウハウを活かした援助が実際に取り組まれていることが特徴である.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山口 裕敏 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
受援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)