災害時自治体間援助の全国的実態とその特徴-東日本大震災を対象に-

全体的に見ると,四国九州のような被災地から大きく距離が離れる地域は援助割合が減少する傾向がみられ,空間的要因が援助の実施に影響を与えていることが,統計的分析によって明らかとなった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山口 裕敏 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
被災者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)