海水浴客の津波避難行動特性に関する研究―大洗サンビーチ海水浴場を対象として―

海水浴客は避難の方向として,ビーチから ビーチから 海岸線に対して垂直方向・直線的に 直線的に 高台を指向する傾向にある.これに関して,イーストビーチではビーチから高台への距離が他のエリアに比べて長いという地理的な条件があるため,津波避難を行う場合には長距離の避難とならざるを得ないという点が懸念される.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
吉田 太一 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)