海水浴客の津波避難行動特性に関する研究―大洗サンビーチ海水浴場を対象として―

避難行動開始までの所要時間に関して,本調査では地震の揺れを感じていない場合は,揺れを感じている場合に比べて避難開始までにより多くの時間を要することを窺わせる結果となった.津波から逃げ遅れることを避けるため,津波避難時には荷物を持たず身一つで避難するよう周知徹底する必要がある.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
吉田 太一 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)