「仮のまち」構想を踏まえた転入転居者の今後の居住地選択意向

「仮のまち」構想において,構想そのものを知っている者と必ずしも十分には情報を得ることができていない者とが存在することが示唆された.候補地の調整さえまだ不十分な現状において,提供される情報自体の内容が薄いことがそもそもの課題であると考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
森 英高 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)