地域で形成される民衆知と津波避難に関する予備的考察―福島県浜通り地方を事例に―

民衆知それ自体を形成させ,「正しく」それを定着させるためには,地域住民同士の活動や交流が必要であるというのが現段階での結論であるが,津波避難の際に必要な住民同士の関係についても,より広い視点からコミュニティを観察する必要があるといえよう.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松本 行真 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災訓練 コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)