地域で形成される民衆知と津波避難に関する予備的考察―福島県浜通り地方を事例に―

テレビやラジオの情報をもとに近隣同士で話し合い,避難を決めて迅速な避難が行われていたという様子がインタビュー調査の中でもあったことから,避難を迅速にするためには住民同士の良好な関係が不可欠であるといえる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松本 行真 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)