地域で形成される民衆知と津波避難に関する予備的考察―福島県浜通り地方を事例に―

災害に関する民衆知が形成されていなかった地域では,行政等の呼びかけまで気づかずに避難が遅くなってしまっていることが考えられる.しかし,I9氏では近所の呼びかけにより迅速な避難を果たしていることから,民衆知によってのみで避難の迅速さが決まるわけではないことが考えられる.この結果は,活動の活発/不活発などの今回の視点のみであらわすことができない,住民同士のより深い関係が迅速な避難を可能にする要素があることを示唆している.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松本 行真 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)