中高層分譲集合住宅での「自宅生活継続に備える」ワークショップ手法の開発

自宅での避難生活の可能性を広げることは,公的避難所への避難者数を低減し,よりスマートな生活再建に資する面があると考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
市古 太郎 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№21 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)