大都市震災時における避難所生活者からの物資要望に関する研究

避難所生活者からの物資要望を一般化していくには、災害発生時の季節要因、災害の特性や本章の(1)で示した点を基に、他の災害でのケースも積み重ねていく必要がある。今後の災害時には、要望が行われた物資の詳細な品目名とその数量に関するデータの収集分析を行い、聞き取った避難者人数、数量の記載を行うことと、避難所に届いた救援物資の概要を把握し、最低限必要な物資や共同の避難所生活に必要となる物資を中心に要望を聞くことが必要であると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大森 高史 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№1 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)