阪神・淡路大震災における西宮市の人的被害発生実態に関する研究

死者の年齢と建物の建築年数の関係については,古い建物で死者が多発していること,高齢者が古い建物に住んでいた比率が高いことから,老朽化住宅への居住が高齢者の死亡率を高くしている一因であることが明らかになった

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
呂 恒倹 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
人的被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№1 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)