被災者の持つ不満の内容とその規定要因の分析的研究

不満の内容、不満を規定する要因そして不満の程度ついての分析検証を試みたところ、人々の不満度には、客観的な条件(被害程度)よりも主観的な条件(現在の暮らし向き)が大きく関わっているという知見を得た。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
馬越 直子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№1 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)