広域地震災害における復旧・復興状況の時空間的な推移 : 阪神・淡路大震災を事例として

今後は,1)なぜ経済活動が著しく落ち込む区域の周辺に経済活動が盛り上がる区域が現われたのか,2)なぜ,さらにその周辺区域で,経済活動が停滞しはじめたのかを明らかにし,復旧・復興プロセスにおける区域間の関連性の仮設を検証する必要がある

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
高島 正典 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
経済支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№1 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)