広域地震災害における復旧・復興状況の時空間的な推移 : 阪神・淡路大震災を事例として

本研究では,兵庫県内外について13の区域を設定し,各区域毎に阪神・淡路大震災以降の復旧・復興率の推定を行った.そして,その推定結果から.震災からの復旧・復興を空間的に捉えたモデルを作成した.このモデルから,阪神・淡路大震災におけるいわゆる「被災地」の構造が明らかになった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
高島 正典 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№1 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)