阪神・淡路大震災における兵庫県の組織運用の分析 : 災害対応のための人材確保

復興本部の各種業務の遂行のために、知事事務部局のおよそ15%の人員が配置され、そのうち専任・本務で配置されたのはおよそ15%に過ぎず,災害対策総合本部のほぼ全庁的対応時と比べると著しく少ない人数(最大約140人)でコアとなる復興事業が推進された.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
林 春男 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
木造住宅 災害対策本部 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)