阪神・淡路大震災における兵庫県の組織運用の分析 : 災害対応のための人材確保

初期の災害対応の中核となる業務の要員として他の都道府県防災担当職員の受入や防災担当業務経験職員の動員を行っており、緊急時に防災担当業務に従事できる職員の養成とその動員体制を平常時から準備しておくことが必要である.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
林 春男 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
木造住宅 災害対策本部 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)