阪神・淡路大震災における重傷者発生世帯への調査に基づく死傷発生メカニズムの検討

高齢者の死傷率は,1階のみならず2階でも他の年代に比べて相対的に高く,高齢者の生理的な身体特性にも着目しながら,人的被害危険度を考えるべきことが示唆された

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
生田 英輔 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
人的被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)