阪神・淡路大震災後の応急仮設住宅の供給と建設過程の比較研究

本研究では,応急仮設住宅を竍象としてその穿設過程に関する研究を行ったが,住宅復興計両全体を考え,避難所の次の住宅の選択として空家の公営住宅や民間賃貸住宅の活用,恒久住宅の建股などを考慮した上で応急仮設住宅計画の位置づけを行うことが必要であろう

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
狩谷 のぞみ 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
災害伝承 応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)