地震によるライフライン停止と住宅損傷を考慮した短期的避難需要の評価モデル : 生活支障の計量評価を利用した震害波及過程の記載

震災時の短期的な避難には,住宅被害やライフライン停止に起因する生活支障の他にも多くの要因が関与していることが推測される.余震の発生や,余震による建物倒壊に対する恐怖などもそれに含まれる.また,高層階に居住する世帯にとっては,停電によるエレベータの停止が避難の原因になる場合があることも指摘されている.それらの要因に対しても,短期避難に及ぱす影響について検討することが必要であると考えている

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災訓練 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)