地震によるライフライン停止と住宅損傷を考慮した短期的避難需要の評価モデル : 生活支障の計量評価を利用した震害波及過程の記載

この研究では,住宅の被害とライフラインの停止が原因となり,生活支障が発生するという段階をへて,避難者の発生に立ち至る過程に着目した.しかし,災害事象が互いに関連しあう状況は,この研究で注目したような被害が直列的に波及する過程に限らない.同時かつ並列的に被害が発生し,拡大していく過程や,双方向的な連関性を持ちながら推移する零象があることも定性的には知られている.このような事象に鉗する数値的な手法の開発は,震害波及過程を数値的に記載するという試みの中で,今後に残された課題の一つである

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)