地震によるライフライン停止と住宅損傷を考慮した短期的避難需要の評価モデル : 生活支障の計量評価を利用した震害波及過程の記載

住宅被害の分布とライフラインの停止状況を与条件として避難所収容率を算定するパラメータ解析をおこない,住宅被害とライフライン停止の相乗効果によって避難所収容率が上昇する場合があることを明らかにした.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)