阪神・淡路大震災における災害復興公営住宅の家賃設定に関する研究 : 公営住宅法における利便性係数に着目して

単位面積あたりの家賃は,面積が大きくなるにつれて小さくなるといえる.このことから,一般に民間賃貸住宅の単位面積あたりの家賃は面積の増加と共に減少するという現象が,本研究においても確認することができたといえる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
市坪 夏子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
経済支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)