震災復興10年目をみすえた「神戸の今」に関する質的・量的研究 : ワークショップと社会調査をもちいて

「できごとの評価」のように,変化を感じ,震災という出来事に出会った意味というものを何かしら意味づけていく復興過程をたどる場合,これは「つながり」,や「自分自身の体験の意味づけ」「重要他者との出会い」「地域活動」などのできごとにまつわる被災者の心的な活動・態度であることがわかった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
黒宮 亜希子 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
№6 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)